山の中の小さな村、草木と共にある自給的な暮らし、めぐる季節と共に絵画制作をしています

 

 

 

 

霧雨の中 佇んでいると 海の中にいる気持ちになる

水の記憶 光の記憶 大気の中にある様々な目には見えないものの記憶

 

それは一枚の葉へも降り注ぐ

海や宙や大地の記憶

 

それは私の身体にも降り注がれている

 たくさんの粒がつまっている

 

山の暮らしの中

大地と心を通わせていると

 

すべてつながり

めぐりめぐっていることを感じる

 

そこは山でもあり 海でもあり 宙でもある

 

あしもとの小さな花々はまるで銀河

 

 

 

 

ゆれる葉は海の泡 海の泡は砂のながれ ながれる砂は星のまたたき

 

 

とけあう あしもとのそら